So-net無料ブログ作成

★田無神社の弁天様は須勢理比売様 [東京都]

田無神社(東京都西東京市田無町3-7-4)
主祭神  大国主命様 

     尉殿大権現様・・・お姿は金龍神様
    (水とよろずの災を祓う風を司る、豊穣と除災の守護神)
 境内の東西南北には
 青龍神様、赤龍神様、白龍神様、黒龍神様が
祀られており、その中心が金龍神様。

御祭神
須佐之男命様、猿田彦命様、八街比古命様、八街比売命様
日本武尊命様、大鳥大神様、応神天皇様

さて、田無神社の「弁天様」は、
須勢理比売(すせりひめ)様なのです。
とてもレア!!
私は数ある弁財天様をお参りしましたが、
初めてです。

神社HPには 須勢理比売様は、
「須佐之男命の妃」とありますが、
「古事記」では、須佐之男命様の娘で
大国主命様の妃なのですよね。

ちなみに大国主命様は、この神社の主祭神。
どういうことなんだろう・・・謎。

そしてなぜ須勢理比売様が弁天様?

これはあくまでも私の仮説ですが、
須勢理比売様を祀っている神社に、
岡山県岡山市の備前国総社宮と
同県総社市の総社(備中国総社)があります。
もしかしたら、それと関係あるかも・・・?

というのは、この田無神社、
備前国(岡山県)とのつながりが深いのです。

境内に、賀陽(かや)家屋敷稲荷社があります。
田無神社のHPによると
『備前岡山藩の藩医だった賀陽玄節(玄雪、1790~1854)は
諸国を医術修業のため巡っている途中、
文政6年(1823)に田無村を訪れました。
村の名主である下田半兵衛富永の説得により
田無の村医となりました。
その子賀陽濟(1821-1895)も
安井息軒やシーボルトなどから学び、医学を修めました。
後に賀陽濟は、田無神社初代宮司として
この場所に屋敷を築きました。』

賀陽は今でも、岡山に地名があります。
「かや」ではなく「かよう」と読みますが。
吉備中央町です。
岡山に移住していなかったら、
賀陽家屋敷稲荷社の立札を見ても
全く気づかなった情報でした。

そして、「田無神社の弁才天 須勢理比売」で
検索したら、
なんと『吉備中央町に祀られる神』という
HPが出てきたんです!!!
しかも 八街比古神様の解説のところに、
『八街比古神は猿田彦命のように思えますが、
西東京市田無神社等では別神として祀られます』
と書いてあるではないですか!(@@)

吉備中央町の神社の御祭神の解説に、
わざわざ遠い東京の田無神社のことが書いてある・・・
つながりがあるからこそ知っていて書ける情報なのでは?!
と思ってしまいます。
読んでいただけばわかりますが、
神様の説明に特定の神社名を出している項目は
かなり少ないのです。
田無神社を名指ししているところに、やはり
注目してしまいます。


備前・備中の「総社」という重要な神社に
祀られている須勢理比売様。
備前国とつながりの深い田無神社。

これを結び付けたのは、あくまで
私が勝手にどうかなあ?と思っているだけです。

さてそれとはまた別の切り口も発見!
なんとこちらのサイトでは、
須勢理姫命様が「金運アップの神様」として
紹介されています!


田無神社の境内の水に関するお話はまだあります。

白龍の水(手水社)では、
田無神社境内深くから、汲み上げた貴い御神水で
お浄めできます。
手水社すぐ近くに田無神社西方守護である
白龍神がお祀りされています。

また、田無地区は水に恵まれなかったため、
玉川上水から田無用水が引かれました。
その後用水は役目を終えて、現在は暗渠化されて
今もこの神社の地下を流れており、
石神井川に続いています。


田無神社は・・・

五色の龍神様はおられるし、
湧水はあるし、
弁天様は祀られているし、
地下に用水が流れているとなると、
田無神社は、
とびっきりの「水」の神社ですねえ。


nice!(3)  コメント(0) 

宝珠院、ご開帳 [東京都]

DSC_2045.JPGDSC_2044.JPG


お詣りしてご開運をお祈りしてきました。

☆東京港区宝珠院の弁財天様、ご開帳追加情報 [東京都]

DSC_1057.JPG 昨日ご紹介した宝珠院では、 一年にこの時期だけのご開帳のあいだ、 一日三回ご祈祷をしています。 とってもおすすめです(^_^) その時、ご祈祷を申し込まれた方が順番に ご開帳の弁財天さんにお線香をあげさせていただけるので、 弁財天さんがますます身近に感じます。 5000円より。 ご祈祷の後でいただいたお札からは、 エネルギーをはっきり感じました。 (個人差があります(;^_^A 40代の爽やかな雰囲気をお持ちの 優しいご住職様は、 好奇心旺盛な私のたくさんの質問に、 快く答えてくださいました。 ファンになりました!(^o^) 文化財保護のため 写真撮影は禁止されております。 ぜひご自分の目で、お確かめくださいね。 徳川家康公がお好きな人には、 特におすすめのお寺です。 家康公ゆかりのお話も、教えていただきました。

東京都港区、宝珠院☆本日より3日間ご開帳! [東京都]

DSC_1059.JPG
毎年4月15日から17日だけの
ご開帳です。

4月17日が徳川家康公の命日であることから、
17日を含む3日間のご開帳となったそうです。

弁財天さんをじっくり
拝めます。
チョーおすすめ!
東京タワーのすぐ近くの小さなお寺ですが、
弁財天さんのパワー、
素晴らしいです!

お茶をごちそうになり、
ご住職からいろいろお話を
伺いました。

隣の弁天池(都営?)が公園として
整備中のため工事中で入れなかったのが、残念でした。

昔は、もっと大きな池だったそうですが
埋め立てられてしまって
今はこじんまりしています。


井の頭弁財天様、ご開帳本日最終日 [東京都]

DSC_1043.JPG
前に、あるサイトを参考に
井の頭公園の井の頭弁財天の12年に1度のご開帳を
4月13日から14日とブログに
書きましたが、
すみません、本日までなんですね。

私は、けさ8時過ぎに参詣して、弁財天さんのお姿を拝んできました。

☆蟠竜寺(岩屋弁天) [東京都]

目黒区にある浄土宗のお寺、蟠竜寺(ばんりゅうじ)には、
石造弁財天様と木造弁財天様が
安置されています。
山手七福神の弁財天様です。

DSC_0953.JPG


こちらは、「岩屋弁天」です。
いつでも拝観できます。

弁天堂の弁財天様は、八臂の天女像で、
七福神巡りの時期しか拝観できないそうです。

このお寺の場所は、江戸の裏鬼門で
岩窟内弁財天様は、鎮守として
祭ってあるとか。

表鬼門というと、上野の寛永寺。
あちらにも、不忍池に弁財天様を祭ってますね。
偶然・・・?


蟠竜寺の境内はこじんまりしていますが、
さまざまな花がちょこちょこ咲いていて
目を楽しませてくれます。
花のお寺という印象です。

大鳥神社から、坂を下って
まもなくの場所にあります。

東京都目黒区下目黒3丁目4ー4
最寄り駅 不動前駅

☆世田谷区等々力不動尊の弁財天 [東京都]

DSC_0867.JPG


真言宗智山派のお寺、 満願寺別院である等々力不動尊は、
世田谷区を流れる谷沢川に沿った等々力渓谷の一角にあります。
東京23区内唯一の自然渓谷です。
不動尊へは、
渓谷から、階段を上らないと行けません(^^;)

弁財天様の祠がある場所は、
人がほとんど来ない穴場です。


☆導かれて目黒区  清水池公園の池之上開運弁財天様 [東京都]

DSC_0863.JPG
バスを乗り間違えたのが、
きっかけでした。

すぐに気づいたのですが、もう最初のバス停からして
違う方向に。
あちゃ~!
それが「清水公園入口」だったのです。

(公園の名称は清水池公園なんだけど
なぜかバス停名は「清水公園入口」

あれれ?池がある。
・・・っと、走るバスの車窓から
なにやら木の祠?社殿?が見えた!

池のそばだよ!もしかして?弁財天様では?!
ほんの一瞬迷ったけど、
そのバス停から乗る人がいたおかげでセーフ。
バスが止まってから、
とっさに降車ボタンを押して言いましたっ
「降ります、降りま~す!」

もう間に合わないかと思ったが
天、我に味方せり。ありがとーございます!

公園の中心にドドーンと大きな池があり、
祠は、池の畔に。
祠といっても、鳥居もあるし
小祠ってわけでもない。

さっそくその木の祠に向かうと・・・
「おん そらそばていえい そわか」と 弁財天様のご真言が書いてあるではないですか!
そして 「池之上開運弁財天」と書かれた石柱もありました。


ヤッタ~!超うれしい!!(^▽^)

この弁財天様は、寛文年間(1660年ごろ)の創建。
当時の社地は、清水池の浮島にあったそうです。
やっぱりそうですよね~。
弁財天様なら、池の真ん中に祭ってほしい。
今、池の真ん中には
噴水と犬小屋みたいなカモさんのおうち(?)が。

そして池のまわりは、
平日の朝から優雅に釣りを楽しむオッサン、オジーサンたちが。
(オバサンはひとりいたけど釣りはしていなかった)

ここは珍しく、ヘラブナ釣りが楽しめる公園です。
しかも無料!
子どもの遊具もあるけれど、さすが超高齢社会ニッポン。
平日の午前中なのに、子連れの姿などありません。
ゲートボールに釣りと、リタイアした方々で
公園は占められておりますた。

さてその池なんですが、噴水が中央に3つあり、
池のそばにはベンチがあり(釣り客仕様)
のんびりすわって池をながめると
おおっ!なんて気持ちがよいのでしょう。
ずっとこのまま池を眺めながら、
日向ぼっこしていたい・・・
(気分はリタイア組のオバアサン)

おっといかん!
今日はこれから目的地である
世田谷区等々力渓谷の弁財天さんのところへ
行くんだった!

とはいうものの、
パワースポットである清水池とのお別れが名残惜しい・・・

バスで、ついでに立ち寄るレベルではない
(私にとっては)
釣りのオジサン達だけではもったいない。
近所なら、日参したい場所でした。
ああ、近所なら・・・(泣)

っとここで!
なんと、目黒区のもうひとつの湧水池である碑文谷池にも 厳島神社があることがわかりました[ぴかぴか(新しい)]
次回はこちらにも参拝したい♪

新たなターゲット参拝の神社を発見できました[手(チョキ)]


☆ 清水池公園 ☆

公園の中心になっている清水池は、
古来より水田灌漑用の貯水池として
地元の人々に大切に維持・管理されてきた池

所在地  東京都目黒区目黒本町2-12-10

アクセス 東急東横線学芸大学駅から徒歩17分。
   JR目黒駅から東急バスで清水公園入口下車すぐ目の前。
      

雲松山泉龍寺の資料本 (追加情報あり) [東京都]

昨日のブログに書いた
東京都狛江市、泉龍寺の福徳弁財天さんは、
なかなか衝撃的なお姿でした。
あえてブログには、書かないでおきます・・・

弁財天さんのお姿は、
泉龍寺で発行している「泉龍寺仏教文庫」という本に
掲載されています。

この本には、弁財天さんだけでなく
他にもいろいろ写真資料があります。
すべてカラーページで、まるで美術展の図録のよう。
思い出の地である狛江の資料、
さらに弁財天マニア?の私にとっては、宝物♪

泉龍寺と泉の森会館2階のカフェ
扱っています。
泉の森会館のカフェに「見本」がありますよ。